FC2ブログ
 “ だ ん ご む し  新 聞 ” Newspaper Pill-bug
.................................................................〆(゚▽゚*)blog
<<11-   2018-12-   01->>
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  

表紙
尾張三霊場の2番札所

えびす大黒の大徳院



愛知県あま市甚目寺東門前26番地



当寺は、西暦598年(推古天皇6年)に創建されました。
その後、西暦1196年(建久7年)に地域住民の加護と繁栄を祈念するために源頼朝により当寺に恵比寿天と大黒天のニ尊像を奉安されました。
それにより五穀豊穣・漁業繁栄の祈願所として深く信仰を集め、各地より参拝されるようになりました。
西暦1607年(慶長12年)、飛騨の大工の左甚五郎が当寺へ参拝したときに、本尊の霊姿に深く感動し、
その威徳にすがって数カ月滞在し、お礼のしるしとして二天像を彫刻して住職に寄進しました。
これが現在の本尊だと伝われています。
又、当山独特の本尊おすがた(御影)は、その霊姿、功徳力ともに他に比類するものがないと云われ全国各地よりその徳を受けに参拝されます。
尚、この「おすがた」は、必ず福をにがさないようにと<わら>でしばって持ち帰り、家の居間・会社の事務所の南向き又は東向きに並べ貼り、
年々上へ上へと重ねると一層福がつもると喜びまつられています。



resize001777.jpg


resize001776.jpg


関連記事
スポンサーサイト
     web拍手 by FC2
コメント:
この記事へのコメント:
URL :
コメント: :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .