FC2ブログ
 “ だ ん ご む し  新 聞 ” Newspaper Pill-bug
.................................................................〆(゚▽゚*)blog
<<11-   2018-12-   01->>
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  

表紙

萱津神社

愛知県あま市上萱津車屋19


尾張の国の古社で、尾張国神明帳に従三位萱津天神とあり。
本国帳の貞治本には従一位萱津天神と記す。
古伝によれば、当社は昔草ノ社(かやのやしろ)または種の社(くさのやしろ)・阿波手の社(あわでのやしろ)ともいわれ、
和歌で知られた阿波手の杜(あわでのもり)に神鎮まります社として祀られていた古社である。


萱津神社は、太古民族が沃野を求めて土地を開拓した頃、
田畑を守る農耕の神鹿屋野比売神(かやぬひめのかみ)を御祭神とした神社で、
我が国で唯一の漬物の祖神であり諸病免除の神・縁結びの神と御神慈深き神として御神徳あり。

日本武尊御東征の途参拝あり。
代々の国司・国守の崇敬篤く室町時代初期には国守萱津左京大夫頼益公が神田(みとしろ)六十貫文を寄進し、
また、元和年間には、時の藩主徳川義直公より香の物領として元高五石八斗余の地の寄進を受け明治初年まで続いた。
明治5年5月、村社に列格し大正四年には指定村社となる。
昭和13年頃より社殿の造営神域の整備を行い終戦時には県社扱いの神社に認められた。



resize001778.jpg


resize001779.jpg


resize001775.jpg


関連記事
スポンサーサイト
     web拍手 by FC2
コメント:
この記事へのコメント:
URL :
コメント: :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .