“ だ ん ご む し  新 聞 ” Newspaper Pill-bug
.................................................................〆(゚▽゚*)blog
<<05-   2017-06-   07->>
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  

表紙
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     web拍手 by FC2

いつもと変わらない

一日

平穏な一日

でした




どもども だんごむしです done04.gif



続けて映画です
実話物が好きなんです
トム・ハンクスもいいですねぇ

現場と事務方の違いが分かる話でした





2009年1月15日、USエアウェイズ1549便がニューヨーク・マンハッタンの上空850メートルを飛行中
バードストライクによって全エンジンが停止、コントロールを失う。
機長のチェスリー・サレンバーガーは必死のコントロールと苦渋の決断の末、ハドソン川に機体を不時着させる。
その結果、1人の犠牲者も出さず、この奇跡的な生還劇は“ハドソン川の奇跡”として全世界に報道された。

事故から数日後、サレンバーガーは世間から国民的英雄として賞賛される一方、
国家運輸安全委員会(NTSB)によって事故原因の調査が行われていた。
その過程でサレンバーガーの判断が適切であったかどうか、
また、左エンジンは本当は動いていたのではないかという疑いを持たれ、
彼はNTSBから厳しい追及を受ける。

サレンバーガーは自身の判断が正しかったのかという不安に苛まれ、
今までの人生やあの日を回想する日々を送るようになる。
やがて、検証の最終段階でもある公聴会の日が訪れた。


1.jpg


4.jpg


3.jpg


2.jpg


640.jpg


関連記事
スポンサーサイト
     web拍手 by FC2
コメント:
この記事へのコメント:
URL :
コメント: :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
Template designed by アクセラと+αな生活

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。