FC2ブログ

 “ だ ん ご む し  新 聞 ” Newspaper Pill-bug

.................................................................〆(゚▽゚*)blog


表紙

土呂八幡宮    〈 愛知県岡崎市福岡町南御坊山19番地 〉  2019.06.09



車で出勤道中

いきなりの雨

さっきまで降っていないのに

線で引いたように





どもども  だんごむしです 
   001.gif



土呂八幡宮

土呂八幡宮は、平安末期に京都から下った神官により創建されたと伝えられていますが、
三河一向一揆のときに古記を消失してしまったため、次期は定かではありません。
三間勾欄付流れ造りの本殿は、約390年前の建築で、国指定の重要文化財になっています。




2019061001_20190612200300844.jpg



2019060902_201906122003050bc.jpg



2019060903_201906122003068e3.jpg



2019060904_20190612200302bef.jpg



2019060901_2019061220030466b.jpg


スポンサーサイト

上地八幡宮   〈 愛知県岡崎市上地町字宮脇57 〉   2019.06.09


いま

遠くから雷の音が

だんだん近づいています

来るのかなぁ?





どもども   だんごむしです     001.gif




上地八幡宮

愛知県岡崎市上地町にある神社。岡崎観光きらり百選に選定されている。

上地八幡宮は建久元年(1190)、源範頼によって建てられたと伝えられる古い歴史をもつ神社で、応神天皇を祭神としています。
その本殿は室町時代末期の三間社流造、屋根は檜皮葺の、市内で数少ない中世の建築物です。
簡素ながらも垢ぬけしたつつましい装飾を見せています。
社伝では、永禄6年(1563)の三河一向一揆の兵火をまぬがれたとしていますが、この時に一度焼失したと考えたほうがよく、
翌永禄7年、家康が石川数正にやはり一揆で焼け落ちた土呂八幡宮を再興させた際に、上地八幡宮も再建されたものと思われます。
これまでに幾度も修繕がなされていますが、元禄13年(1700)に現在見られるような彩色が施されました。
また、安永7年(1778)には覆屋が造られましたが、現在は撤去されています。





2019061001_20190611194031ab9.jpg



2019060902_20190611194028185.jpg



2019060903_20190611194030b94.jpg



2019060904_20190611194025a31.jpg



2019060901_20190611194027651.jpg



六所神社    〈 愛知県岡崎市明大寺町耳取44 〉   2019.06.09


梅雨らしい日が続きます



気温が低く

過ごしやすいです






どもども   だんごむしです     001.gif




六所神社 

松平家の産土神として松平家・徳川家の崇敬が篤く、現在も「安産の神様」として信仰されている神社です。
徳川家康公誕生の際には、松平氏の産土神としての拝礼があったと言われています。
5万石以上の大名だけが上ることを許されたという石段をあがると、極彩色の楼門、その奥に社殿が現れます。
華麗な彫刻や彩色はいずれも江戸時代のものです。
昭和51年(1976)に日光東照宮と同じ手法によって修復工事が行われ、建立当時の美しさを再現しました。

徳川家康の手、とても小さかった  (◎_◎;)






2019061001.jpg



2019060901.jpg



2019060902.jpg



2019060903.jpg



2019060904.jpg



2019060905.jpg


次のページ

FC2Ad